こだわりの部屋を作るために依頼すべき住宅工事とは

現在流行っていること

園路のデザイン性を高める

現在、エクステリアのリフォームが人気になっています。基本的には、住まいのリフォームと合わせてエクステリアもリフォームすることが多いです。住まいもエクステリアもリフォームすれば、費用が結構かかることになりますが、家をきれいにしたのに外が古いままではいやと考える人が増えました。また、エクステリアのリフォーム費用が安くなったのも、理由の一つにあります。 最近、園路をリフォームする人が多いですが、ほとんどの場合で何かしらの素材を敷きます。デザイン的に美しいのは、チェーンストーンやジュラストーンです。ナチュラルな色の化粧レンガを敷き詰めるのも人気となっています。純和風の庭には、飛び石や敷石を敷くことが多いです。

園路に敷くものをよく考える

園路にデザイン性を求める人は多いですが、歩きやすさも考えなくてはいけません。足が引っかかりやすい素材のものを敷いてしまうと、転倒する可能性が高くなります。また、表面がツルツルのタイルは、雨が降ったりして水に濡れると滑りやすいです。これも転倒する危険が高くなるので、歩きやすい素材のものを敷くようにしましょう。とくに、高齢者の場合はこう言うことを頭に入れて園路の計画をすることです。 また、建物と壁の間の狭い路地なら、直線にした方がいいですが、庭の小道は曲線状にするのがいいでしょう。カーブさせることで、実際の長さより長く感じることができます。コーナーを曲がる時、直線よりもカーブの方が曲がりやすいです。

» ページのトップへ戻る